今年のおせちはネットで価格や種類を検討し,高島屋のおせちに決めました。

ここ数年はおせち料理はネットで購入しています。
2015年はちょっと趣向を変えて洋風おせちの購入をしましたが、悪くはないのですが、デザート的な物も数多く入っていた為に、今年のおせちはネットで価格や種類を検討し,高島屋のおせちに決めました。
決め手は口コミの評判が良かったためです。高島屋おせち口コミ
別にお刺身などは用意するので、特別豪華絢爛とまでにいかなくても、お正月なので、やはりそれなりに見栄えがするおせちは欲しいと考えたのが、高島屋のおせち料理「秀峰」には大きなエビが壱の重に入っていました。
オマールエビで伊勢エビのような高級な物ではありませんが、とても美味しそうに見えました。
実際、食べてみても身がしっかりとあり、食べがいがありました。
北海道特産のおせちなので、名前も海鮮おせちとなっており、蟹爪しんじょうや、子持ちイカやいくらの醤油づけなど魅力満載でした。
全部で52品の種類が入っていたのですが、一番美味しかったのは、蟹爪しんじょうでした。
くせがなく、上品な味付けであっと言う間になくなりました。
後は地味なところで銀鮭の西京漬けはほどよく、粕漬けの味が染みており、美味でした。
全体的にはかなりのボリュームで、価格は15,800円だったのですが、正月の3日間はこれで4人家族で充分と感じます。
もう一つの魅力はおせち料理は解凍しなければいけませんが、このタイプはそのままの状態で解凍すれば、すぐ食べられます。
結構、自分で盛り付けをしなければならないおせち料理も多いのですが、やはり、プロの盛付には敵いませんし、面倒ですので、
今年も又こちらの高島屋に決めようかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です